blog

ブログ初心者の失敗しない書き方【 3か月未満の初心者必見です 】

ブログ初心者が失敗しない書き方【3か月未満の初心者必見です】

 

reo
ありがとうございます!当サイトを運営しているレオです!

 

blog beginner

ブログ初心者「ブログを始めたばかりですがブログの書き方がよくわかりません。できれば失敗しない書き方が知りたいです。」

 

ブログを始めたのはいいけど「まず初めに何を書こう・・・記事の内容や書き方ってどうすればいいんだろう」と悩んでいませんか?

 

実は、この記事では「ブログの初心者が失敗しない書き方」を実践することで簡単に記事を書けるようになります。

 

なぜなら、ボクも実際に実践してひと月でアクセス数が2倍以上になったからです。

 

この記事では記事の書き出しから本文の書き方、まとめの書き方まで丁寧に解説します。

 

記事を読み終えるころには今後記事を書くことに悩むことがなくなります。

 

本記事の内容

  • ブログの初心者が失敗しない書き方が分かる
  • 書き出し・本文・まとめを中心とした丁寧な説明
  • 3か月未満の初心者に向けた記事

 

ブログの初心者が失敗しないブログの書き方

ブログの初心者が失敗しないブログの書き方

 

  • 同じ言葉を用いらずに何度も繰り返す
  • 会話の文章のように話しかけるように書く
  • 上げて下げてまた上げる
  • デメリットは最初にメリットは最後に

 

ブログの初心者が失敗しない書き方は上記の通りです。

 

人は伝えてほしいメッセージを何回も繰り返されるほどその内容に呑み込まれていきます。

 

そして、ただの文章よりも会話のような内容の方が伝わりやすいです。

 

また、人は不安などのネガティブな感情に浸っているときほどそこから逃れたい反撥のエネルギーを抱えます。

 

デメリットを先に提示する理由は最初にデメリットを書くことで記事の内容の信頼が得られるからです。

 

最後にデメリットを伝えると相手には悪い印象しか残りませんからね。

 

  • 繰り返すには同じ言葉を用いず、内容が同じな言葉を使うこと
  • 文章を会話調にすることで相手を引き付けることができる
  • 読み手の感情をわざと下げ、もう一度上げることで気持ちに抑揚が生まれる
  • デメリットを最初に伝え最後にデメリットを上回るメリットを伝える

 

ブログの初心者が基礎的なwebライティング力とweb業界の常識を3つの参考書で学べます






 

とりあえずはこの3冊を読めばOKです。

 

これから稼ぐためにブログを始めたなら、勉強するための参考書をケチる人はまず成功しませんので、初期投資として本くらいは買ってもいいと思います。

 

活字だけだと読みにくい人は沈黙のWebライティングではマンガのようになっていて初心者にも分かりやすく解説されていますよ。

 

ブログの初心者の書き方は3つのパートに分ける

ブログの初心者の書き方は3つのパートに分ける

 

  • 書き出し
  • 本文
  • まとめ

 

基本的なパートはこの3つにわけて構成します。

 

実は、それぞれのパートによって役割がちがっており、書き方も異なるからです。

 

これからそれぞれのパートで解説していきますが読者を引き付ける文章の書き方が常に必要です。

 

なぜなら、ブログを読む人は自分の悩み以外のパートはほとんど読まずに飛ばしてしまうからです。

 

  • 記事は3つのパートに分けられているのでそれぞれのパートに併せた書き方をする
  • ブログを読む人はたまたま通りすがりにブログを読んだだけの人
  • 常に読者の興味を引き付ける文章を心掛ける

 

ブログの初心者の書き方:書き出し

ブログの初心者の書き方:書き出し

 

  • 書き出しはポジティブに
  • 書き出しの書き方

 

本文よりも先に目につくのが書き出しでここが初めの重要なパートです。

 

記事の最初の部分なので本文がいかに素晴らしい内容でも読まれる前に離脱されたら記事の意味がなくなってしまいます。

 

人の印象と同じで第一印象はやはり最初に目につくところだからということですね。

 

それでは2点について解説していきます。

 

書き出しはポジティブに

  • 書き出しをポジティブにすることで第一印象が変わる
  • 迷ったら自分の体験をポジティブに書いてみる

 

先ほども述べましたが記事は第一印象が肝心です。

 

お笑いでも最初の「つかみ」が一番大事ですよね。

 

それと同じで最初の印象が「 なんかつまらなそうな記事だな 」と思われるよりは

 

「 おっ?なんか感じのよさそうな記事だな! 」と、思われるのでは記事での滞在時間が違います。

 

書き方に迷った場合は自分が経験した体験をポジティブにしてみるといいです

 

悪い例

「こんばんわ、今回の記事ではブログの初心者がいかにして失敗しない為に、試行錯誤を繰り返してきた結果あることが判明したために記事にしました。それでは始めます。」

 

良い例

「当サイトにお越しいただきありがとうございます!今回の記事ではブログの初心者が失敗しない為の書き方として、3つのパートに分けて説明します!この記事を読むことによって、失敗しない記事の書き方が分かります。是非最後までお付き合いください!」

 

どうでしょうか?少し極端ではあった感じもしますがどちらかと言えば後者の方がポジティブな感じがしたと思います。

 

第一印象を良くするために書き出しをポジティブにしてみませんか?

 

  • 人の第一印象はつかみで決める
  • ネガティブな人よりポジティブな人の方が人が集まる
  • 迷ったときは自分の好印象だと感じた時の体験を書きだしてみる

 

書き出しの書き方

  • 読者の悩みの明確化
  • 悩みが解決できることを伝える
  • 解決できる根拠を示す
  • 記事の要約を伝える
  • この記事を読むことにより読者が得られることを伝える

 

この5つのパートを順番に書き出せばOKです。

 

読者の悩みではなく自分の書きたいことだけを書いているとこの型には当てはまらないはず

 

実際にボクのこの記事の書き出しを例にしてみましょう。

  • 読者の悩みの明確化:ブログを始めたのはいいけど「まず初めに何を書こう・・・記事の内容や書き方ってどうすればいいんだろう」と悩んでいませんか?
  • 解決できることを伝える:実は、この記事では「ブログの初心者が失敗しない書き方」を実践することで簡単に記事を書けるようになります。
  • 悩みを解決できる根拠を伝える:なぜなら、ボクも実際に実践してひと月でアクセス数が2倍以上になったからです。
  • 記事の要約を伝える:この記事では記事の書き出しから本文の書き方、まとめの書き方まで丁寧に解説します。
  • 読み終えた時に読者が得られることを伝える:記事を読み終えるころには今後記事を書くことに悩むことがなくなります。

 

上記のような感じで書き出せば「 なんとなく悩みが解決できそうかもしれない、もうちょっと読んでみるかな 」と、思い記事を読んでくれそうですよね。

 

3か月までの初心者の方なら、ボクの記事で良かったら参考にするどころかこの型をパクって実践してもOKですよ(笑)

 

ブログの初心者の書き方:本文

ブログの初心者の書き方:本文

  • 本文は4つのパートに分けて書く
  • 本文を書く際の具体例

 

本文は4つのパートに分けて書きます

 

主張→理由→根拠→具体例

 

といった感じです

 

実際に具体例を交えて順番に解説していきますね。

 

本文は4つのパートに分けて書く

  • 主張:記事で主張したいこと
  • 理由:伝えたい理由
  • 根拠:主張が正しいことの根拠
  • 具体例:主張が正しいことを示す具体例

 

本文は記事の中で最も伝えたいことを主張するいわばメインのパートです

 

序文の書き出しの部分で掴んだ読者の前向きな気持ちをそのままに、本文でもポジティブに保ちつつまとめまで連れていきましょう。

 

実際ボクは初めて3か月目でこの書き方を型に記事を書いたら、ひと月でアクセスが2倍以上になりました。

 

具体例を見ながら説明します。

 

本文を書く際の具体例

  • 主張:ブログの初心者が失敗しないブログの書き方とは書き出し→本文→まとめの3つのパートに分けてそれぞれのパートに併せた書き方をする
  • 理由:なぜなら、書き出しでは読者の心を掴み、本文で悩みについて理解、解決してもらい、まとめで次に取ってほしい行動へと誘導するためだから。
  • 根拠:実際にこの型通りに実践したところ2か月目と3か月目ではアクセス数が2倍以上に上がったからです。
  • 具体例:具体例を見ながら説明していきます。

 

上記での具体例のように本文では「結論を先に伝え、伝えたい理由、そしてその主張が正しいことの根拠へと進み、具体例を交えて解説する」

 

最初に結論を伝えるのは理由があります。

 

先に結末を伝えないで長い文章が続き最後に結論が待っていても、読者が飽きて違うサイトに移る可能性があるからです。

 

本文を書く際は常にこの型に沿って書くことを心掛けまとめまで読者を連れていきましょう。

 

ブログの初心者の書き方:まとめ

ブログの初心者の書き方:まとめ

 

  • 次の行動を促すまとめの書き方
  • 最後に大切なところを持ってくる

 

まとめはあなたのお願いを聞いてもらう重要なパートです

 

関連記事や商品の購入ページへの案内的な役割もあります。

 

記事の最後に読者さんに次の行動をとってもらうため、まとめもしっかりと書いていきましょう。

 

次の行動を促すまとめの書き方

1:本文の内容を箇条書きでまとめる

2:記事の主張を実践した結果、読者の悩みが解決できることを再度伝える

3:次に行動してもらいたいページのリンクを設置する

 

最後の最後に読者さんが離れないようにまとめの文章は簡潔にまとめましょう。

 

本文の内容を簡潔に箇条書きでまとめ、記事の内容を実践することで読者の悩みが解決できることを再度伝えてください。

 

そして大事なのが記事の一番最後に次に行動してもらいたいページのリンクを張るということです

 

最後に大切なところを持ってくる

  • 読者は読みたいところだけを読む
  • 書き出しだけを見たらとりあえずまとめまで飛ばす人が多い
  • 本文の中身をすべて見る人はほとんどいない

 

あなたが何か調べ物をする時は記事の中身すべてに目を通しますか?

 

ほとんどの人が自分が調べたいところしか見ないと思います。

 

そして、書き出しだけを見てとりあえず、まとめまで飛ばす人も多いです。

 

それを逆手に取るのです。

 

本文のちょうどいいところにも設置しますが記事の最後にも設置することによって読者の行動率が大きく変わります。

 

是非試してみてくださいね。

 

まとめ:ブログの初心者が失敗しない書き方

まとめ:ブログの初心者が失敗しない書き方

 

  • 書き出し
  • 本文
  • まとめ

 

書き出しの役割

書き出しをポジティブにすることで読者を本文に引き付ける

 

本文の役割

記事で主張していことを的確に伝えまとめまで誘う

 

まとめの役割

読者に次の行動をしてもらうための役割

 

ブログの初心者はとりあえず3か月間はこんな感じで記事を書き進めてみてください。

 

上記を3か月実践して分析してみると実践前と後ではアクセス数に劇的な変化があるはずです。

 

3か月経ったら前の記事を「 ブログの初心者がリライトするタイミングは3か月後【初心者必見】 」を参考にリライトしてみてもいいと思います。

 

ブログの初心者向けの必読書






 

-blog

© 2020 reoblog Powered by AFFINGER5