建設業 転職

転職を考えているあなたへのメッセージ|お勧めは建設業です



change of job

 

転職を考えてるんだけど何かいい仕事ないかな

今の仕事は残業多いし休みもない・・・

出来れば手に職をつけれる職業が良いのだけど

何かいい仕事ってありませんか?

 

今の時代中々良い仕事ってありませんよね。

 

  • 給料が安い
  • 仕事がつまらない
  • 職場が息苦しい

 

本記事では今の仕事に対して不満があり転職したいけど何の業種が良いか悩んでいる方に向けた記事となっています。

 

そこでお勧めする業種が「 建設業 」です。

 

本記事を読むことにより建設業の魅力に惹かれて建設業に転職したくなると思います。

 

転職を考えてるならお勧めは建設業

 

そんなボクは建設業に22年間勤めています。

 

 

高校を卒業後ずっと同じ会社に勤めています。

 

主な作業は重機オペレーターと現場管理です。

 

重機オペレーターは自分にとっては天職だと思っていますね。

 

建設機械について知りたい方はこちらをご覧ください。

車両系建設機械とは【車両系建設機械6種類についてまとめました。】

続きを見る

 

建設機械は小さいもので350㎏程度

大きいので20t超えの重機を運転することができます。

 

重機オペレーターは22年前と違い運転できる人が本当に少なくなりましたね。

 

難しいから出来ない

 

ではなく若い人がいないのが一番の理由です。

 

あまり建設業に対して良いイメージって実際ないですよね。

 

キツイ・汚い・給料安い

 

3Kと呼ばれる建設業の悪い印象です。

 

確かに22年前はそうでしたが今はだいぶ変わりましたよ。

 

働き方改革のおかげもあり

 

  • 毎年昇給
  • 有給休暇の取得
  • ボーナス増加
  • 休日出勤の激減

 

その反面で

 

  • 高齢化
  • 技術者がいない
  • 作業員が少ない

 

等があります。

 

しかしこれってチャンスなんです。

 

  • 高齢化だから若い人が重宝される
  • 技術者がいないから技術者になると高い賃金が貰える
  • 作業員が少ないから大切にされる

 

等が今、実際にあります。

 

休みが多くて給料が高い。

 

どうですか?建設業で働いてみたくなりませんか?もし他の業界を退職しにくい場合はこちらにお任せください。

退職のお悩みをプロが解決!


 

建設業で働いて良かった点

  • 仲間が増えた
  • 給料が周りの業種の人たちより多くなった
  • 技術の進歩により作業が楽になった
  • 休みが多くなり旅行や自分の時間が増えた

 

仲間が増えた

 

特に年が近いと色々な悩みや仕事の相談が出来たり一緒に遊びに行ったりしています。

 

特に若い時は周りが年上ばかりだったので年が近い人がいると心強かったもんです。

 

仕事とプライベートを分けた付き合いが出来ると更に良いですよね。

 

給料が他の業種より多くなった

 

給料はここ10年で年収が150万上がりました。

 

ここ最近の建設業は会社にもよりますが好景気で更に働く人の需要が高まっているのが主な理由だと思います。

 

建設業の機械や技術の進歩

 

建設業の技術の進歩は本当に凄いです。

 

特に今は働く人が少ないので今まで5人でしていた仕事を一人でしなければならないなんてことがざらにあります。

 

技術の進歩によりむしろ一人で作業する方が楽になるってすごいことですよね。

 

これは人と一緒に働くのが苦手な人にとってはかなり助かることです。

 

建設業の休日

 

22年前の休みは日曜日、連休はGWと年末年始だったのが

 

今は月に平均7日、GWは10連休以上

 

盆休み、正月休み平均8連休

 

特にGWの休みが長いのはありがたいですよ。

 

ボクは毎年この時期には旅行に行ってます。

 

建設業で働いて悪かった点

 

きつい仕事がある

 

それは重たいのを人で運ばなければならない状況の場合です

 

力仕事ができる人は良いですが全員がそうではないので苦手な人もいます。

 

大抵の重量物を取り扱う仕事は建設機械で行うので問題はないです。

 

汚れる

 

建設機械に使用する燃料や潤滑油等でたまによごれてしまうことがあります。

 

もちろん汚れないための手袋等があるのですがたまに忘れて汚れてしまうことがあります。

 

覚えることが沢山あり初めは苦労する

 

建設資材や重機の運転方法、現場管理やその日の作業内容など覚えることが沢山あります。

 

今となってはそうでもないですが初めの頃はとにかく色々なことを覚えるのが大変でした。

 

まとめ

 

建設業で働いていると色々な場所に行きます。

 

そして常に同じ作業をするということもないです。

 

一日8時間。永遠と同じ場所で流れ作業をするよりは色々な場所に行き話をしながら働くのもいいですよ。

 

もちろん時には辛い作業の時もありますがそれをみんなで乗り越えることにより仲間意識が高まります。

 

コミュニケーションが苦手な人は建設機械のオペレーターなら運転は基本的に一人なので話をしなくても作業できます。

 

自分の性格にあった作業に配置してもらうことができるのが建設業の良いところですよ。

 

さぁ一緒に建設業で働きましょう!

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ



-建設業, 転職

© 2020 reoblog Powered by AFFINGER5