建設業 建設機械

車両系建設機械アースオーガについて詳しく記述します【基礎工事】

車両系建設機械アースオーガについて詳しく記述します【基礎工事】

 

boy

 

アースオーガは基礎工事用機械のコトだよね!アースオーガについてもっと詳しく知りたいな!

 

今回は第六種・車両系建設機械 アースオーガについて記述していきたいと思います。

 

本記事の内容

  • 車両系建設機械アースオーガについて詳しく解説
  • 車両系建設機械アースオーガの特徴が分かる
  • 2分程で読み終わるボリューム

 

 

それではよろしくお願いします。

 

車両系建設機械アースオーガとは

車両系建設機械アースオーガとは

 

  • 主に基礎工事に使用される
  • 橋の橋台や学校などの基礎工事

 

それでは見ていきましょう。

 

主に基礎工事に使用される

  • 基礎工事とは建物の基礎の土台を工事するようなこと
  • 特に大型の基礎工事用機械が選定されることが多い

 

基礎の杭に振動を掛けたり衝撃を与えたりします。

 

打ち込みや引き抜きの作業両方の作業ができます。

 

  • 主に基礎工事に使用される
  • 建物の基礎や仮設工事によく使用される

 

橋の基礎や学校などの基礎工事

  • 大きな橋の基礎工事
  • 学校や会社等の大きな建物の基礎工事

 

高速道路が海などを通過する際の橋の基礎工事

 

学校などの建物の基礎工事

 

これらは騒音や振動等の苦情や被害が出ないように色々な対策を検討して作業します。

 

  • 有名な橋の橋台と言えば瀬戸大橋や明石海峡大橋
  • 学校や住宅街などの基礎工事は苦情や被害が出ないように対策を講じる

 

車両系建設機械アースオーガについて

車両系建設機械アースオーガについて

 

  • アースオーガの概要
  • 機械の種類
  • 運転に必要な免許、資格

 

それでは順番に見ていきます。

 

アースオーガの概要

  • 基礎工事用機械とは杭を打ち込む機械
  • 仮設工事等に多く使用される

 

基礎工事用建設機械とは主に地盤中に杭を打ち込む建設機械のことをいいます。

 

軟弱地盤に構造物を建築する際の基礎杭、土砂を掘削する際の仮設工事や河川工事における土留、止水等の為に行います。

 

基礎工事用機械とは主に建物の基礎、建設工事での仮設工事等に多く用いられているのです。

 

  • 基礎工事用機械は仮設工事のスペシャリスト
  • アースオーガなしでは仮設工事にならない

 

機械の種類

  • 杭打機・杭抜き
  • アースドリル
  • リバースサーキュレーションドリル
  • 穿孔機(チュービングマシンを有するもの)
  • アースオーガ
  • ペーパードレーンマシーン

 

機械の種類は6種類です。他の建設機械と比べて大型の重機が多いです。

 

それでは順番に見ていきます。

 

杭打機・杭抜き機

  • 建設工事や土木工事の基礎を造成の為に用いる
  • 打ち込み杭は鋼管杭・H鋼・鋼矢板等
  • 軟弱地盤に構造物を建設する際の基礎杭、土砂を掘削際の支保工等基礎地盤からの支持力や反力が必要とされる工事に用いる
  • 杭を必要な現場で地盤中に貫入もしくは打ち込み、引き抜きに用いる

アースドリル

  • アースオーガを使用して掘削を行う
  • 鉄筋を吊り入れコンクリートを打設して杭を形成する
  • 孔壁の崩落を防ぐためベントナイト液を用いる

リバースサーキュレーションドリル

  • 場所打ち杭工法
  • 掘削ビットを回転させて地盤を掘削しサクションポンプやエアリフト方式などによって孔内水と共に土砂を吸い上げ排出する
  • 水の静水圧で孔壁を保護するノーケーシングの掘削工法

穿孔機(チュービングマシンを有するもの)

  • 発破用の装薬孔を持つ自走式の穿孔機
  • 鉱山・砕石・土木工事等の比較的大規模な発破に使われる
  • 種類には油圧式・空圧式・ロータリー・ダウンホールがある
  • ロータリー、ダウンホール等の大口径ドリルは国内では振動、騒音等の環境配慮から使用が制限されている
  • 小規模の場合はハンドドリル、レッグドリル、ワゴンドリル等で穿孔される

 

アースオーガ

  • 動力を用いて電動機を回すことで接続したスクリューなどを回転させ地中にねじ込むように穴を掘る機械
  • 一人で作業出来る小型のものから大型クレーンで吊り下げて掘っていくものまで様々ある。
  • 大型で用いる際には3点式杭打機に接続するものが主流である
  • 庭先の杭用の穴から建築物の基礎工事に必要な資格大口径で深い穴まで掘ることが出来る
  • 動力は手動、エンジン、電動モーター、油圧式
  • 無振動の為建設工事の大型杭打、土留擁壁の造成などの前段階の工事に用いる

 

ペーパードレーンマシーン

  • 含水比が高い軟弱な土にドレーン材と呼ばれる排水材を打ち込む建設機械
  • ドレーン材が地面から水を吸い出すことで地面の圧密が促進され、地盤の強度を向上させる
  • 毛細管現象を利用して水抜きを行う
  • 浸水層と地面両方に水を染み出せる

 

運転に必要な資格・免許

基礎工事用機械に必要な資格は下記の通り

  • 1・2級建設機械施工技士第6種
  • 車両系建設機械(基礎工事用)3t未満の場合・特別教育
  • 車両系建設機械(基礎工事用)3t以上の場合・技能講習
  • クレーン運転士【5t以上の荷のつり上げ作業】
  • 小型移動式クレーン【5t未満の荷のつり上げ作業】

 

免許が無い状態で重機の操作をした場合の罰則

 

事業主

  • 6ヶ月以下の懲役、又は50万円以下の罰金

作業者

  • 50万円以下の罰金

上記の通りとなりますので作業前に必ず必要な資格、免許を確認してください。

 

車両系建設機械アースオーガについて:まとめ

車両系建設機械アースオーガについて:まとめ

 

  • アースオーガは基礎工事用機械
  • 仮設工事のスペシャリスト
  • 他の建設機械に比べて大型の機械が多い

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

建設機械に興味がある方は一緒に建設業で働いてみませんか?

-建設業, 建設機械

© 2020 reoblog Powered by AFFINGER5