自宅 資格取得

自宅で誰にでも出来る資格の勉強方法【 5つに分けて紹介します 】

自宅で誰にでも出来る資格の勉強方法【 5つに分けて紹介します 】

 

外出自粛により自宅にいるなら資格の取得の為に勉強しようかな。

どうせ勉強するなら少しでも効率の良い勉強方法が知りたいな。

 

コロナウイルス感染拡大により自宅にいる時間が増えました。

 

せっかく自宅にいるなら遊んでばかりいるよりは資格の取得のため勉強を始めたい。

 

本記事ではこう言った悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • 自宅で誰にでもできる資格の勉強方法
  • 資格取得の目的
  • 自宅で資格取得の為に効率の良い5つの勉強方法
  • まとめ

 

この記事を読むことによって誰にでも出来る勉強方法が分かります。

 

資格取得を目指している方は必見です。

 

3分もかからないで読み終わりますので是非最後までお付き合いください。

 

誰にでもできる資格の勉強方法

誰にでもできる資格の勉強方法

 

資格の勉強をするといってもいきなりでは何から始めて良いかわかりませんよね。

 

あなたはどうやって普段勉強していますか?

 

  • テキストを読む
  • ひたすらノートに書き写す
  • とにかく丸暗記

 

色々な方法があります。

 

ここで一つこれから資格の取得をするために【 勉強の仕方を勉強するための参考書 】を紹介させてください。

 


 

 

この本はボクが建設業で使う【 施工管理 】という資格を取得する為に勉強の仕方を勉強した本です。

 

少し遠回りになりましたがその分、効率の良い勉強方法が身に付いたので資格も1発で取得できました。

 

本記事ではこの本で学んだことを中心に解説します

 

資格取得の目的

資格取得の目的

 

あなたは何故資格を取得しようと思いましたか?

 

  • 自分のスキルアップの為
  • 会社の業務命令
  • 何を始めたらいいか分からないからとりあえず資格を取得するしようと思った。
  • 就職や転職の為
  • 資格手当の為

 

理由は様々ですよね。

 

なんでもいいと思います。

 

ここでこれから勉強するにあたってのモチベーションが違ってきます。

 

誰かに押し付けられて資格を取得しようと思ったのか

 

自分からすすんで資格を取得しようとしたのか

 

この二つで大きく合格率が変わります。

 

会社からの業務命令で資格を取得しようとしている方のほとんどが不合格になりやすいです。

 

何故なら試験勉強したくないのにやらされているから。

 

自分の周りでもそういった方がいます。

 

合格しなければ会社にいられらくなる。又は左遷させられる

 

絶対に資格取得しなければならない場合を除き、やりたくないなら無理に勉強しないでゲームをしたり動画を観ましょう。

 

やりたくないのに勉強しても身につかずストレスを抱えてしまい時間が無駄になってしまうからです。

 

資格の取得はそれなりに時間と労力、そして費用も掛かりますのでやりたくないならやらないのがベストです。

 

一方で自分から資格を取得しようとした方に朗報です。受かります。しっかりと勉強すれば国家試験にも合格できます。

 

ただし覚悟を決めないといけませんが。現代社会には時間がありません。いくら自宅にばかりいてもそれなりにやることはあります。

 

普段していることを辞めて資格取得の為に時間を作らなければなりません。

 

  • ゲームで遊ぶ
  • 動画視聴
  • 酒を飲みながらテレビ鑑賞

 

これらを辞めて勉強時間に充てれば合格率が上がりますよ。

 

自宅で資格取得の為に効率の良い5つの勉強方法

 

自宅で資格取得の為に効率の良い5つの勉強方法を紹介します。

 

  • 資格取得の勉強は朝にするのがベスト
  • 始めはこれから勉強する為の環境を整える
  • 5感を利用した勉強方法
  • 単語帳の活用
  • 細切れの時間の有効活用

 

それでは順番に見ていきます。

 

資格取得の勉強は朝にするのがベスト

 

紹介した脳科学者・茂木健一郎さんの著書にもありますが朝は脳のゴールデンタイムなのです。

 

具体的には朝起きてすぐはストレスってあまりないですよね。

 

睡眠により脳がリフレッシュされたからです。

 

余計なことを考えなくてもいいということは吸収されやすいということ。

 

例えば仕事を終えてご飯を食べてそれから勉強するとしますよね。

 

その時は色々違うことをかんがえませんか?

 

  • 仕事のこと
  • 今から入る好きなテレビ番組
  • 周囲の雑音
  • 様々な誘惑
  • 眠気

 

まだまだ色々ありますよね。

 

朝起きてすぐはどうですか?

 

色々考えてしまいますか?

 

起きたばかりなのであまり余計なことを考えないですよね。

 

だから勉強したことがすんなりと記憶できるし集中出来るんです。

 

ただ、逆の人もいるかもしれません。

 

まずは朝、試してみて夜に勉強するのと、どちらが捗るか試してみてくださいね。

 

始めはこれから勉強する為の環境を整える

 

毎日3時間勉強してください。

 

いきなりそんなに勉強できますか?

 

途中で疲れてしまい恐らくは途中で挫折するのではないでしょうか。

 

まずは計画を立てましょう。

 

試験まで3か月だったとします。

 

  • 3か月前:15分程度
  • 2か月前:30分程度
  • 1か月前:1時間程度
  • 2週間前:2時間以上
  • 1週間前:できる限りやる

 

こんな感じです。

 

始めは15分もできなくても良いんです。5分でも10分でも毎日少しづつ続けることが大切です。

 

3か月前は勉強を継続する為の言わば準備期間なので少しだけでいいので毎日勉強しましょう。

 

そこから30分、1時間と自分のモチベーションに合わせて勉強時間を調整してみてくださいね。

 

休憩は疲れたら5分寝てください。目を閉じるだけでもいいです。それだけで大分回復しますから。

 

休憩時間にスマホを観るのだけはダメですよ。勉強時間中に余計な情報が脳に入ると集中力が下がってしまいますからね。

 

5感を利用した勉強方法

 

簡潔に説明します。

 

手で書き、目で見ながら、声に出して、耳で聞いて覚えます。

 

これで記憶できます。

 

書くだけ、読むだけではなく使えるのは全て使っちゃおうということです。

 

これだけで記憶力が大分アップしますよ。

 

是非お試しください。

 

単語帳の活用

 

学生の頃に英単語や漢字の単語帳を作りませんでしたか?

 

あれと同じことをするのです。

 

常に机に向かってばかりというわけにはいきませんよね。

 

特に声に出せない状況の時は単語帳が役に立ちます。

 

単語帳は自分で作らないといけません。

 

その分、作るときにも覚えることが出来ますので一石二鳥ですよ。

 

自分が受ける試験の内容に合わせたサイズの単語帳を作ってみてくださいね。

 

細切れの時間を有効活用する

 

細切れの時間とは

 

  • ちょっとした待ち時間
  • ランチを注文してメニューが来るまでの時間。
  • 電車の運行中
  • 等々

 

要するにちょっとした時間を工夫してその時間を勉強時間にするのです。

 

5分でも1分でもいいんです。

 

その積み重ねがやがて大きな財産となります。

 

1日に5分の細切れの時間が5回あったとすると1日で25分。

 

1ヶ月で25×30=750分これを後、3か月継続したら750×3=2250分。時間に直すと37・5時間にもなります。

 

塵も積もれば山となるですね。

 

試験勉強にはこの細切れの時間の有効活用が大きなカギを握ってますよ。

 

まとめ:自宅で誰にでも出来る資格の勉強方法【 5つに分けて紹介します 】

まとめ:自宅で誰にでも出来る資格の勉強方法【 5つに分けて紹介します 】

 

現代社会はとにかく時間が足りません。今は外出自粛ムード真っ只中ですがいつか収束するはずです。

 

今は自宅で勉強をする環境を整え資格を取得する為の勉強方法を勉強して資格試験に臨んでくださいね。

 

それでは順番に今回のまとめをします。

 

資格を取得する為の5つの方法のまとめ

  • 資格取得の勉強は朝にするのがベスト
  • 始めはこれから勉強する為の環境を整える
  • 5感を利用した勉強方法
  • 単語帳の活用
  • 細切れの時間の有効活用

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

-自宅, 資格取得

© 2020 reoblog Powered by AFFINGER5