Virus

【マスクの注意をすべき5つの使用方法】ウイルスの恐怖への対策

【マスクの注意をすべき5つの使用方法】ウイルスの恐怖への対策

 

 

外出自粛でもたまに外出しないといけない。マスクは必ず着用しているけど別に普段通りの使い方で問題ないよね?

 

コロナウイルス感染拡大により外出自粛が求められてはいますが買い物等で外出しないといけない日もあります。

 

そこで今回は買い物等で外出する際の注意すべきマスクの使用方法を5つにまとめました。

 

本記事の内容

  • マスクの正しい使用方法が分かる
  • マスクの注意すべき解決策が分かる
  • 2分程で読み終わるボリューム

 

マスクがウイルス対策になるのかを知りたい。

 

これからマスクを購入しに行きたいけど花粉やウイルスが怖くて外出はしたくない・・・マスクの用途や購入方法があるなら知りたい

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事を読むことで「マスクの着用方法、花粉やウイルス対策、破棄の仕方」までをイメージすることができます。

 

「ウイルスで死者が出たみたい。自分や家族が感染したらと思うと・・・怖い」と記事を書いている私も感じています。少しでもマスクの効果を皆で共有したい。感染を防いで早くウイルスがなくなるようにと願いを込めて記事を執筆します。

 

ウイルス感染の関連記事もあわせてご覧になってくださいね。

 

それではよろしくお願いします。

 

マスクの注意すべき5つの使用方法

マスクの注意すべき5つの使用方法

 

  • マスク着用
  • マスクの効果
  • ウイルス対策効果
  • 使用方法
  • 使用後の処理

 

それでは順番に見ていきます。

 

マスクの着用:風邪やウイルスに対する対策

 

  • マスクは口の中に菌やウイルス等が侵入するのを防ぐ
  • マスクは乾燥して喉が渇くのを防ぐ役割がある
  • 花粉症にも効果アリ

 

マスクの着用は菌やウイルス、化学物質等の有害物質が呼吸器官を通して体内に侵入するのを防ぐ為に着用します。

 

人によっては寒いから、乾燥して喉が渇くのを防ぐ為、埃っぽいからと理由は様々でいいと思います。

 

特に花粉症の方はその時期になるとマスクがあると無いとでは全然違うことを知っていると思います。(私も花粉症で苦しんでいます)

 

  • 工事現場でもマスクは活躍する
  • 埃や異物の喉への侵入も防ぐ
  • マスクの効果は意外とある

 

 

マスクの効果:咳やくしゃみによる飛沫感染予防

マスクの効果:咳やくしゃみによる飛沫感染予防

 

  • マスクは飛沫感染予防になる
  • 人に移したり迷惑を掛けなくて済む

 

先程と重複するところもありますが1つは感染症を周囲の人に広げることを防ぐ為です。

 

インフルエンザや風疹、風邪等による咳やくしゃみによる「飛沫感染」で広がるような感染症については、患者自身の咳やくしゃみなどによって菌やウイルスを含んだ飛沫が周囲に拡散されます。

 

それを別の人が吸い込むことで感染が拡大するのでマスクを着用することで咳やくしゃみによる飛沫感染の拡大を予防できます。

 

  • みんなで気を付けることが大切
  • 飛沫感染をしないさせない
  • その為にはマスクの着用は必須

 

ウイルス対策効果:100%防げるわけではない

 

  • 100%ウイルスや菌を防ぐことは難しい
  • 飛沫感染だけを防ぐならフードとマスクの併用が良いかも

 

普通のマスクだと残念ながら100%防げるワケでは無いと思います。

工事現場等で使うマスクでも完全に防ぐのは無理かもです。

 

  • 人は一時間に顔を数十回触るから手から口、鼻への感染予防には効果ある
  • マスクがウイルスに対して有効か無効かは完全には判断出来ていない
  • 第三者への感染予防にはなるかと思われる

 

よくある質問:100%ウイルスを防げて何度も使えて安いマスクはありますか?

皆さんこのように思いませんか?勿論私もそう思います。

 

しかし答えは「現時点ではほぼ無い」と思います。花粉症の方は特にご存知でしょうがやはり安いマスクはそれなりの効果しかありませんし長時間付けていると耳が痛くなったり呼吸がしずらくなります。

 

そして一番はどんなマスクでも使いまわしは絶対にしないということです。

 

マスクには間違いなくウイルスや花粉が付着しているのでそのまま再利用するなんて恐怖でしかありません。

マスクの使用方法

マスクの使用方法

 

  • マスクは鼻と口を防がなければ意味がない
  • 適当につけてもダメ
  • 自分の顔のサイズを知っておく

 

マスクは「付けとけばいい」では意味がありません。正しい付け方をしましょう。

 

適当に付けたり苦しいからと鼻や口を出していたら何の意味もないですよ。

 

  • 自分に合ったサイズを使用すること
  • 顔との隙間がないよう顔にフィットするサイズ・形を選択する
  • サイズが合わない場合はゴムを結ぶ等の工夫をする

 

効果のないマスクの着用

  • 鼻が出ている
  • あご、口が出ている
  • 顔とマスクがフィットしていない

 

先ほども述べましたがマスクは顔にフィットして初めて効果を発揮します。「苦しいから・・・」というのであればやむをえませんが極力顔にフィットさせましょう

 

相手のくしゃみやしぶきをもろに受けたりした場合の外し方

マスクの表面には、ウイルスがついている可能性があります。

 

マスクの表面には触らず耳の付近のゴムを掴んで外します。

 

この場合極力素手で触らないようにして外したらできるだけ直ぐにゴミ箱等にすて、手を洗い消毒しましょう。

 

マスク使用後の処理

 

  • マスクは出来るだけ使い捨てが良い
  • 布製品のマスクは使用後は必ず丁寧に洗う

 

マスクはウイルスを直接受けてます。

 

当たり前ですが目には見えていませんが相当量のウイルスが付着していると思います。

 

ウイルスが付着したマスクを素手で触り目や鼻等、粘膜に触れると感染してしまいます。

 

極力素手で触らず直ぐに破棄しましょう。又、やむを得ず触った場合直ぐに手を念入りに洗い消毒しましょう。

 

マスクの注意すべき5つの使用方法:まとめ

マスクの注意すべき5つの使用方法:まとめ

 

  • マスクの着用は菌やウイルス、化学物質等の有害物質が呼吸器官を通して体内に侵入するのを防ぐ為に着用する
  • マスクを着用することで咳やくしゃみによる飛沫感染の拡大を予防できる
  • 残念ながら100%防げるワケでは無い
  • マスクは顔にフィットして初めて効果を発揮する
  • マスク使用後は極力素手で触らず直ぐに破棄する

 

最後に

ここまで記事を読んでくださりありがとうございました。マスクに対する知識を深め共有しようと思い記事を書こうと思いました。この記事が少しでも多くの方々に役に立てればと思います。

 

今はマスクは中々手に入りませんが必要ならAmazonや楽天等の信用できるサイトで探してみてくださいね。

-Virus

© 2020 reoblog Powered by AFFINGER5